主夫と翻訳

翻訳をしていると、日本語にするのが悩ましい言葉にたくさん出会います。検索すると、その言葉の訳語に悩んだ先人たちの声がたくさん見つかり、孤独な翻訳作業が少し楽しくなります。そして、自分もそんな言葉を残したくなりました。

"design"には(隠された)意図がある

統計データがあるわけではないのですが、個人的な実感としてここ数年で

"design"

という言葉を見る機会が増えたような気がします。

名詞よりも、動詞としてのdesignです。

 

英語の"design"の意味としては

「デザイン」=ファッションや雑誌ページなどの色や形などを創造する

「設計」=モノやプログラムなどの構造や配置を決める

 

などがすぐに思い浮かびますが、どうも私がよく目にする"design"は

それだけでは足りないような気がするんですね。

 

気になって辞書でいろいろ調べたところ、なんとなくニュアンスがわかったような気がしました。

要するに"design"には、「誰かの〝意図・意志・狙い〟が背後にある」というニュアンスがある(場合もある)ようなのです。

これは日本語化した「デザイン」にはあまり感じられないニュアンスですね。

 

三省堂の『ウィズダム英和辞典』には四番目の語義として

──意図、もくろみ、計画、企て、構想、悪巧み、陰謀

とあります。

それが一番よく現れている表現は

by accident or by design

でしょう。

「意図してか、意図せざるか(にかかわらず)」

という意味の定型表現です。

 

また小学館の『ランダムハウス英和大辞典』には

以下のような例文がありました。

He designed to be a doctor. 医者になろうと志した
He designed his son to be a lawyer [=for the law]. 息子を弁護士にしようと思った

 

良い意図か、悪い意図かという価値判断は抜きにして

何かの計画や設計、作られたものの背後に、それを作った人の「意図」が明確にある──"design"にはそういうニュアンスがあることを知っていると、正しい訳語を選べる可能性が高まるように思います。

"build"には「時間をかけて積み上げていく」というニュアンスがある

日本語の「作る」は守備範囲の広い言葉で、いろんなものが「作れ」ます。

 

・友達を作る

・夕食を作る

・機械を作る

・機会を作る

・家を作る(造る)

などなど

 

英語の"build"も同じように、具体的なモノにも抽象的概念にも使われる言葉です。

 

・build a career

・build a bridge

・build an empire

・build a fire

・build a reputation

・build a theory

 

さて、書き手によってはこの"build"という言葉が大好きで、抽象的な概念に多用する人もいます。

どうも私はこの"build"とその他の「作る」動詞(make,create,produce,establish)とのニュアンスの違いがピンとこなかったのですが、いくつもの辞書を熟読して一つだけわかったのは

 

"build"には「時間をかけて、ゆっくりと積み上げていく」というニュアンスがある

 

ということです。もちろん、そのようなニュアンスをまったく持たない"build"もありますが。

もし"trust"や"technology"などにbuildが使われていたら、「徐々に構築する」というニュアンスを強調したいのかもしれませんね。

 

以下に、コウビルド英英辞書から"build"の説明を引用します(赤字強調は筆者) 

 

If people build an organization, a society, or a relationship, they gradually form it.

また

To build someone's confidence or trust means to increase it gradually. If someone's confidence or trust builds, it increases gradually.

 

このように、意味の守備範囲が広い基本動詞で、そのニュアンスがいまいちわかり難いものには英英辞書が役立つことが多いです。上記の"gradually"のように、理解のヒントとなるキーワードが見つかることがあるからです。

英英辞書は、読みやすさ、わかりさすさで特にコウビルドがおすすめだと思います。 

 

Collins COBUILD Advanced Learner’s English Dictionary + CD-ROM

Collins COBUILD Advanced Learner’s English Dictionary + CD-ROM

 

ちなみにこの"COBUILD"という辞書名も

Collins Birmingham University International Language Database

の略称ですが、同時に

「一緒に(CO)語彙を積み上げていく(BUILD)」というニュアンスを含めているのかもしれません。

"career year"はスポーツ選手の「最高に活躍したシーズン」

よく見る表現というわけではないのですが、

たまたまスポーツ選手についての話で

He was enjoying a career year.

という一文があって、この"career year"の意味がなかなかわかりませんでした。

 

"career" も"year"もよく使われる簡単な単語だけに、何を指すのかいろんなことが想像できてかえって意味をとるのが難しいのです。

辞書にもまったく出ていない表現でした。

 

f:id:milkra:20170704040927j:plain

 

 

googleで”career year”を検索すると40万件ほどヒットするので普通に使う表現のようです。

どうもテニスや野球、アメフトなどプロ・スポーツ選手に使うケースが多く

その選手が今までのキャリアで最高に活躍したシーズンのことを指すようです。

 

日本語に訳せば

「最高のシーズン」

「選手人生で最高の年」

でしょうか。

 

さまざまな記事を読む限り、そんな使われ方をしていました。

 

having 200 hits in one season is widely considered a career year 

Ichiro was in the midst of a career year

John's career year came at the age of 28