読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主夫と翻訳

翻訳をしていると、日本語にするのが悩ましい言葉にたくさん出会います。検索すると、その言葉の訳語に悩んだ先人たちの声がたくさん見つかり、孤独な翻訳作業が少し楽しくなります。そして、自分もそんな言葉を残したくなりました。

重力波を観測したぞ!

 今日、100年前にアインシュタインが予言した「重力波(gravity waves)」が実際に観測された、というニュースが流れました。

 NHKによると

研究チームを率いるカリフォルニア工科大学のデビッド・ライツィー教授は会見の冒頭で「重力波を観測したぞ!」と叫び、喜びを表していました。

 

 宇宙や物理に多少関心のある私は、このニュースを興味深く読んでいたのですが、ふと

 

「観測したぞ!」というのは英語でどういう動詞を使ったのだろう?

 

という疑問を持ちました。

find?

observe?

track?

identify?

 

 さっそくABCニュースのホームページで会見の様子を見てみたところ、

 

"We have DETECTED gravitational waves. We did it !"

 

と言っていました。(下記リンク先、1分30秒あたりです)

abcnews.go.com

 

 

 なるほど。そこで"detect"を英英辞書で調べると、「簡単には見つからないものを、特別の方法や道具で見つける」というニュアンスがあるのですね。

 

 ところでNHKの記事には「叫んだ」とありますが、映像を見るとまったく叫んでいません(汗

 むしろ興奮を意識的に抑えた口調で、学者らしい冷静さを演出していたように思います。つまらないことですが、やはりなんでもオリジナルに当たることは意味があるな、、、と実感しました。